スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

windy国の防衛長官

windy国・・・それは関西という星雲の中に位置する大阪という星の中に存在する小さな小さな共和国である。

今回の情報は防衛庁長官
一応、外交官も兼任している彼女は、専守防衛を貫こうと努力している。
毎日、朝・昼・夕・晩と1日4回の見回りは欠かさない。
不審者には必ず尋問をし、威嚇する。
基本的には攻撃されないと反撃はせず、威嚇のみである。
ただし誘惑には弱く、褒め殺し・賄賂(特にビーフジャーキー)に弱い。
懐柔され易いので、極秘に潜入する場合には賄賂持参は常識である。

味方との認識を確定するまではひたすら威嚇を続けるが、
一旦、味方であると認識すれば、接待係として愛想を振りまく。

性格的には優しく人なつこい為、ハグをしてくれる人は大好きである。
もっとも、防衛庁長官に対してハグしようなんて怖いもの知らずの人間は少なく、
少々(?)欲求不満気味である。

時々威嚇しているのか、ヤケになってハグを要求しているのか判らないときがあるが、
まっすぐ起立しているときは「威嚇」、首が横に寝ているときは「ハグ要求」である。

理解言語が少なく、意思疎通は表情・仕草に委ねられる。
慣れれば非常にわかりやすい奴である。
問題は…慣れるまでに相当な時間、もしくは勇気が必要かもしれないことである。

          To be continued

------------------------------------------------------------
----------このStoryは Never ending story である。---------
-------windyの気まぐれで作られたパラレルワールドである。----
--どこかに似たような人間がいたとしても似ているだけである。--
---------windyの気が向けば、続きが読めるだろう・・・--------
------------------------------------------------------------


2003/04/26(土)
スポンサーサイト

windy国の芸能担当大臣

windy国・・・それは関西という星雲の中に位置する大阪という星の中に存在する小さな小さな共和国である。


芸能担当大臣・・・またの名を「宴会部長」と呼ばれる。
お調子者で明るいことこの上なし。
誰とでもどこででもすぐ仲良し。
お気楽能天気な憎めない奴である。

問題は「をやぢギャグ」
そのキャラクターから「ジャニーズ系」と言われながら
あまりに寒いギャグ旋風を撒き散らす為に
遠巻きに見学されてしまう。

最近、執務室では業務に支障が出るために無視される事が多く、
他国へ侵略し、被害を増大させている模様である。

被害の状況は、
「聴力減退」「思考回路停止」「寒気増大」「遭難」などであり、
対応としてはひたすら前フリはしない、
吹き荒れる前に避難することに尽きる。
間違っても、ブリザード後の雪崩に巻き込まれて遭難する事のないように注意しなければならない。

このブリザードさえうまく避ける事が出来れば、
暖かで穏やかな日々を手に入れる事が出来るだろう。


          To be continued

------------------------------------------------------------
----------このStoryは Never ending story である。---------
-------windyの気まぐれで作られたパラレルワールドである。----
--どこかに似たような人間がいたとしても似ているだけである。--
---------windyの気が向けば、続きが読めるだろう・・・--------
------------------------------------------------------------


2003/1/19(日)

windy国の影の支配者

windy国・・・それは関西という星雲の中に位置する大阪という星の中に存在する小さな小さな共和国である。

今日は影の支配者の話。
表立っての役職はなし。
お気楽極楽能天気。我が道を行く。

なぜ影の支配者なのか…それはひとえにこの人物の影響力による。
この国に対する影響力といったら…国の方針でさえ変えてしまう。
行事予定などもこの人物を中心に組まれる。

機嫌を損ねれば、2時間は嵐に見舞われる。
その為、密かに根回し・誘導は欠かせない。
うまく乗せれば絶好調で突っ走る。
いかにうまく誘導するかが各閣僚の腕の見せ所である。

なにしろ、この国の運命がかかっているのだから。
閣僚は必死である。
この国を訪れるものもよく分かっていて、
まずこの人物にご機嫌伺いをする。

最近ストレスが溜まり気味だったので、
総理は芸能担当大臣をお供につけ、
某魔法使い映画へ連れ出した。

無事ご機嫌上昇。
ホッと一息をつく閣僚であった。
次のご機嫌伺いは…クリスマスか。。。
2月の重要行事が終るまでストレス発散行事は続く。


          To be continued

------------------------------------------------------------
----------このStoryは Never ending story である。---------
-------windyの気まぐれで作られたパラレルワールドである。----
--どこかに似たような人間がいたとしても似ているだけである。--
---------windyの気が向けば、続きが読めるだろう・・・--------
------------------------------------------------------------


2002/12/12(木)

windy国の官房長官

windy国・・・それは関西という星雲の中に位置する大阪という星の中に存在する小さな小さな共和国である。

今日の話は、内閣官房長官
他の役職を兼任する。
厚生労働大臣・環境大臣・国家公安委員会委員長・・・
他には法務大臣・外務大臣・文部科学大臣・財務大臣などの事務次官。
もちろん、TPOに合わせて変身する。

基本的に官房長官はいい加減である。
適度・適当・なんとなく・それなりに。。。

総理大臣が猪突猛進型で(ホントに猪さんだ)
「おいらが大将!」型なので、官房長官はお気楽な性格になった。
なにせ、突っ走ってる時は何も聴かん総理なので、
壁にぶち当たってから、「それ見たことか」とせせら笑うようになったのだ。
それはそれで性格悪い

総理が突っ走ってる間に対策を練っておいて、
壁にぶち当ってから実行に移す。
事前に根回しが済んでいるので、
総理が動く時には「いってらっしゃい」と悪魔の微笑み。Ψ(`▽エ)Ψケケケ♪

それでも、総理は総理なので最終決定権は総理にある。
いかに根回しをし、思う結果へ導くかが官房長官の腕の見せ所と言えよう。

総理は「おいらが大将!」と思い、
長官は( ̄ー ̄)ニヤリ

それゆえこの国において、総理大臣と官房長官の力関係を追究する事は
タブーとされているのである。



          To be continued

------------------------------------------------------------
----------このStoryは Never ending story である。---------
-------windyの気まぐれで作られたパラレルワールドである。----
--どこかに似たような人間がいたとしても似ているだけである。--
---------windyの気が向けば、続きが読めるだろう・・・--------
------------------------------------------------------------


2002/12/7(土)

windy国の総理大臣

windy国・・・それは関西という星雲の中に位置する大阪という星の中に存在する小さな小さな共和国である。

国の代表は内閣総理大臣
その他様々な大臣を兼任する。
法務大臣・外務大臣・文部科学大臣・国土交通大臣・財務大臣・経済財政政策担当大臣・・・

総理は忙しい。当然である。全てが総理の肩にかかっている。
「自分のことは自分でする。みんなのことは手伝ってね、総理。」
というwindy国においてその多忙度は目を見張るものがある。

通常の公務は当然のこと、他の閣僚の健康管理・教育・執務環境の整備・・・
やることは山ほどある。休む暇などない。
年中無休の1日16時間体制である。(5時間くらいは寝てるだろう・・・たぶん(-_-; )
えっ?残りの3時間はどこ行ったって?
そりゃぁ、ご飯食べたり、着替えたり、お風呂入ったり・・・
( ̄。 ̄)ボーーォとする時間くらいあるだろう。
それにしちゃぁ、3時間は少ない、よな?

基本的にはプライベートタイムはなし。
睡眠時間のみ、かな?

それだけ期待されてるってことで・・・とりあえず・・・
丸く治めておこう。


          To be continued

------------------------------------------------------------
----------このStoryは Never ending story である。---------
-------windyの気まぐれで作られたパラレルワールドである。----
--どこかに似たような人間がいたとしても似ているだけである。--
---------windyの気が向けば、続きが読めるだろう・・・--------
------------------------------------------------------------


2002/11/27(水)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。