スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経過報告 その4

今日は『急展開』編です。

9月26日A病院 h先生「手術でもなんでもしてください。」
1時間半待って1~2分で話は終わった。

んでね、次は10月9日のA病院a先生と話をするんだけどさ。
それまでずっとB病院へ入りっぱなしはつらいじゃない?(金銭的に(-。-) ボソッ)
a先生はどうも保存療法になりそう。
忙しそうだし(手術の順番はかなり待たないと)じいさまの歳と今現在落ち着いてるという理由。
『無理に手術しなくても・・・』ってことね。
まぁ、どうなるかはわからないけど、その可能性大。

A・Bの両病院で相談する。
【大部屋へ移るか・退院しても良いか・退院した後に具合が悪くなるとどちらで診てくれるか】

結果:退院してもOK ヘルニア再発はA病院で診てくれる。

だったら退院しちゃえ!


ってことで。
9月27日ウチへ連れて帰っちゃいました。(ウチへ・・・
どうせならじいさまがウチでゴロゴロしている間に引っ越し先見つけて手配しちゃおう!と。
早速不動産屋へ電話をかけます。ネットで検索かけて良さ気なところを見つけてたのよね。
『物件を見せてください』

9月28日午後。物件確認。決定!∑(゚◇゚;) ゲッ
ついでに引越屋さんも紹介してもらって見積もりを取る。
大家さんからも入居了承の連絡。
10月4日に引越決定!\(- -;)オイオイ

これから必要書類を集めることに・・・
ええ!ええ!もう即断即決の勢いです。

9月26日~28日の3日間で退院・引越の手配をしちゃいました。
とんでもないスピードですが、このまま長居されるとオイラのHPがなくなります。

生活のリズムが全く違うって大変ねぇ。
親達:朝6時~夜8時か9時
オイラ達:朝7時~夜中1時
その上、三食分を考えなきゃいけない。
晩ご飯を夕方の6時頃ってチビたちが幼稚園時代のペースだよ。
今だと下手すっとオイラは仕事からも帰ってない。
ちなみに今日は仕事だったので、晩ご飯は7時にしてもらったけどね。


出来ることなら10月9日のA病院a先生の検診の後そのまま引越先へ連れて行けると良いんだけどなぁ。。。。
甘いかしらん?

スポンサーサイト

経過報告 その3

たいして進展してません。
今回『バテバテ編』と名付けて良いですか?

元々がややこしいからドンドンややこしい方向へ行っております。
じいさまって最初A病院へ救急車で運び込んだのよね。身動き取れなかったから。
で、A病院は総合病院で「三次救急」の病院なんじゃないかと思う。要するに重症者を扱う訳ね。だからじいさまも心臓で行った時は即対応してくれる。
ヘルニアはそれほどでもないから、地域連携で個人病院へ回されてB病院へ入院することになったのね。

ここからややこしくなる。
前に書いた通りB病院の先生(b)は「手術が出来れば」って事でまずA病院の最初の診てくれた救急の先生(c)へ戻します。
ところがこのc先生はまだお若い。実際に手術や手術のスケジュールを決めるのは部長先生(a)。なのでa先生へ回します。
c先生と話をしたのが9月22日。そこからa先生の予約を取って話をしたのが、今日の9月25日。

今、ココね。

これからの話はまず明日9月26日、今度は循環器科(心臓の方)のh先生にお伺いを立てる。
「手術は出来ますか?全身麻酔は可能ですか?何か準備は必要ですか?」
お返事をもらってa先生と治療の相談が10月9日。。。。。。。って il||li _| ̄|○ il||li

始めは痛さで騒ぐから個室でも良かったんだけど、ここんところは落ち着いてるから大部屋でも良いんだけどなぁ。
2週間ほどで20万近くが飛んでいくのよね。個室って。
10月9日に治療方針が出るまで個室に居なきゃいけないのかしらん。
あと2週間ありますが。

年金暮らしの年寄りに個室ベッドの差額は痛いです。
明日の話によってはb先生の方に相談しなきゃいけないかなぁ。
一旦退院するにしても、文化住宅の2階は無理だからウチへ連れて帰ることになるだろうなぁ。
引っ越しするにしても、すぐは無理だから最低でも2週間くらいは必要だろうし。

なんだか病院間の連携は割とスムーズに行くのに病院内の連携が取れてないっていうか・・・
同じ病院内なのに患者を何度も来させるなよ。その度に予約入れてからでないと先生と話も出来ないんだから。
今日も午後1時半の予約だったんだけど、「ものすごく遅くなるから」って言われてたから待ち時間を少なくするために遅く行ったし、無理矢理予約を入れてるんだから仕方がないんだけど・・・
3時半に行ってa先生とご対面できたのは5時でした。il||li _| ̄|○ il||li

なんだか病院内たらい回しにあってる気分です。
結局B病院へじいさまを連れて帰ったのは5時半。
オイラが家に辿り着いたのは7時でございました。おつかれさん。( -。-) =3

さて、明日はどうなるでしょう。

チャット日設定

いきなりですが、がむばってみるの。

9月14日(日)チャット開催


夜10~11時頃に入室予定。
入室時には、こちらでお知らせします。

秋の夜長におしゃべり三昧


経過報告 その2

11日に検査。12日に結果をB病院へ聞きに行きました。
(お仕事休んだわさ …( ̄。 ̄;)ブツブツ)

・・・なんだかね。どえらいことになってたらしい。
先生がねぇ。『ヘルニア!とんでもないヘルニア!』って。。。

大まかに聞いた説明なので、細かいところは突っ込まないでね。

普通の場合は飛び出た椎間板が神経に触ったり圧迫するために痛みが出るようなのですね。
それがじいさまの場合、背骨の両脇を通っている神経2本のうちの左側を完全に押し潰しているようです。
それも一番下の骨でなっているために他に逃げようがなくて、膀胱までを圧迫していた。
これが頻尿の原因だった訳ね。

先生ってば『これはおじいちゃん泣くはずやわ。これはわめくほど痛い。こんなひどいことになってるとは思わんかった。コレ見て可哀想になってなぁ』ですって。
で、『コレは手術でないとどうにもならん。けど、心臓の問題があるからなぁ。全身麻酔があかんとできへんから。いっぺんこのフィルム持ってA病院で相談してきて。ボクには荷が重いから手術もA病院でしてもらった方がええわ』

( -。-) =3

B病院は個人病院なのよね。
それも外科系の病院だからウチのじいさまみたいなのは難しいみたい。
この後、A病院の予約を取って相談に行かなきゃいけない。

本当なら怖がりだし、歳も歳だから手術は余程でなければ避けたいところなんだけど、このまままともに身動きできない状態で生き続けてもねぇ。
車椅子生活になるなら、まず住むところを考えないといけなくなるし。
今住んでるところは、文化住宅の2階だから「階段上れるのか?」っていう問題がある。

ますますヒッキーになる。
それに通院することも考えないといけなくなるからなぁ。。

「手術してみてダメならダメでも仕方がないじゃん」って思うのは、親不孝かしらん。。。

経過報告 その1

皆様にご心配頂いているじいさまですが、相変わらずです。
ここからの話は病院が複数、受診科も複数出て来るので、混乱しないでね。

*普段行く病院=循環器科・泌尿器科=A
 今入院している病院=整形外科=B
 MRIの病院=放射線科=C

9月4日に循環器科(心臓の方ね)と泌尿器科(頻尿だったので)を午前中にいつもの病院(A)で受診しまして。
午後からは別の病院(C)でMRIを受ける予定だったのです。
そう予定だったの。

MRIは仰向けになって30分ほどジッとしていなければなりません。
ところが自分で台の上まで上がって寝転がったにもかかわらず、すぐにいつもの『痛い 痛い』が始まりまして。。。。
どうやら仰向けになれない模様。なれても長時間は無理。
検査不可能と相成りました。

今入院している病院(B)の主治医の先生は『本当なら造影剤を入れて調べたいけど、心臓の血液をサラサラにする薬を飲んでいるから、針を刺せない』と前に言っていたのです。
んでね、午前中に循環器科で主治医の先生に相談してみる。
「整形外科の先生がこんな事を言っている」と。
するとね、案外アッサリと『今心臓の方は落ち着いてるから、検査に必要なら薬を止めてもらっていいよ』とお許しが出ていたの。

別の方法で検査できるかもしれないって事で、検査不可能になったMRIを諦めて、整形外科の病院(B)へ戻ります。
MRI不可能の報告と薬停止許可の話をします。

結果、薬を止めて1週間後に造影剤を入れる検査をするということになったのです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。