スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月2日

去年、暖かくなったら外へ散歩に
連れて行ってやろうと思っていた。
そろそろ勢いもなくなってきてるし、
オイラでも連れて歩けるかもしれない。
口輪を買ってシャンプーにも連れて行ってやりたい。

ところが肩を痛めてしまった。
とてもじゃないけど、片手でウィは
制御できない。

来年こそ、暖かくなったら・・・

去年の秋頃から「おかえりなさい」は出来なくなってた。
帰ってきた気配を感じられなくなってたのだ。

朝はご飯のあと、しばらくウロウロしているので
「いってらっしゃい」をしてくれる。

それでももう後ろ足が弱って
今までのように後ろ足だけで
立ち上がることは出来なくなった。

こっそりとした「いってらっしゃい」



この日は朝から1日、水道工事が入る予定だった。
南から引き込んでいた水道を東からに付け替えて
ついでに浄化槽から下水へ換える工事だ。

7時25分過ぎ、相方が出かける前にウィを裏へ繋ぎに行った。
相方が出かけた後、オイラも出かける用意を始める。

7時40分頃、先にウィにご飯をやろうと声を掛けながら裏へ行く。

・・・寝転がってて起き上がらない。
また寝ていて聞こえてないのかと思った。

でも転がっている体勢が少し変だ。

すぐそばへ寄って声を掛けながら、体を揺すってみる。
反応がない。。。。

変な曲がり方をしていると思った首を
両手で持ち上げてみる。

ピクリとも動かない。

何が起こったのか。。。

まだいつも通り体は温かいのに


混乱したオイラは、どうにも出来なくて
そのまま家の中へ戻った。

仕事に行かなきゃ・・・

信じられなくて・・・
もう一度裏へ見に行く。
さっきと同じ体勢で、本当に眠ってるみたいで。

でも、もう動かなくて・・・


相方にメールをして家を出た。
あり得ない期待をしながら。

ホントは寝ているだけで、
家に帰れば元気な姿を見れるんじゃないかと。


夜、帰ると相方がリビングにいた。
スーツではなく普段着で。

聞くと、昼過ぎに帰って保健所へ引き取ってもらったと。

つけるあてのないリードが室外機の上に。

lead


何だろう。泣くに泣けないこの状態は。

葬式だなんだとするような人ではないのはわかってたけど
もう少しお別れの時間が欲しかった。

実感がわかない。
いまだに気配がするような気がして。
あまりにあっけなさすぎて。


唯一の救いは、ほとんど苦しまなかっただろうと思うこと。

相方が繋ぎに行ったときは、普通に自分で歩いていたらしい。
相方もいつも通り声を掛けてたし。

そのあとオイラが行ったときは
ちょうど伏せの状態から、首が斜め後にカクンとなって
その力で身体が横向きになったような感じだった。

顔も穏やかで、泡を吹いてるとか口を開けて舌を出してるとか
そういうのはまったくなく、本当に寝ているかのような顔だった。

体にももがいたような感じがなかったから
余計に寝てるだけに見えてしまったのかもしれない。

人間にすれば90歳越えのおばあちゃんだし、
大往生といえるのかな。


まったく手間のかからない娘だった。
本当に最後の最後まで。

もう少し手を掛けてやりたかった。。。。


スポンサーサイト

晩年

あれは何時頃からだろう?
2~3年前からか、反応が鈍くなってきた。
耳が遠くなってきたのだ。
寝てるのか表側から呼んでもなかなか出てこなかったりした。

しばらくすると眼が白く濁って見えるようになってきた。
光の加減もあるのか、普通に見えることもあるので
白内障なのかどうなのかよくわからなかった。

その頃からか、
雨でもないのに夜は小屋の中で寝るようになってきた。

すでに10歳を超えていたので
もうそろそろ歳なんだろうと理解した。
今後のことも考えておかなければと思っていた。

相方は“犬は犬”という考えの持ち主で、
「どうせ死ぬのなら病院へ連れて行っても仕方がないだろう」と
考えていた。

相方の実家は商売をしている関係で
常に防犯の意味で犬と猫を飼っていたから、
死んでいくのも見慣れていたのかもしれない。

オイラもそういう意味では理解は出来る。
家族とまでは思えない。
でも友達ではあると思っている。

金銭面でも大型犬の場合、体重によって金額が加算されるから、
ちょっとのコトで数万単位で消えていくのだ。
そこまでの余裕はウチにはないから。

だったら、大型犬飼うなよって話なんだけどねぇ。
今更どうしようもない。

去年辺りからは、足腰も弱くなっていたみたいで
座ったり立ったりする時にふらつくようになった。
ここ数ヶ月は、前のように二本足で立ち上がることも出来なくなった。

まともに動けなくなるようなら、
最初の頃のように玄関先に入れてやろうと思っていた。
せめて苦しまないように、痛みが少しでも少なくなるように。
大好きなみんなの顔が見られるように。

出来ることはしてやりたいと思っていた。


それでもまだまだ裏庭の巡回は欠かさなかったし、
トイレも普通にしていたし、
毎朝、ご飯も残さず食べていた。

そう、前日の朝も元気に
ご飯を食べて「いってらっしゃい」もしてくれてた。

お転婆盛り

1年ほどすると、オイラには散歩の付き添いは無理だとわかる。
なにしろ力がすごい。

一応、言うことは聞くんだよ▼o・ェ・o▼
ただね、やっぱ犬じゃない。
基本はおとなしいんだけど何があるかわかんないじゃない。
そういう時にオイラでは制御出来ないだろうなと思った。

まぁ、裏庭のおかげで運動は足りていたみたいだったので、
相方が時々自転車で連れ歩くようになっていった。

「登り坂はウィが引っ張ってくれて
漕がなくていいから楽だ」
と言ったのは
聞かなかったことにしよう。

どんだけの力なんだ。

避妊手術をするかどうかで悩んだ。
1回くらい生ませてやりたい気がしたんだけど・・・
産まれた子どもをどうするかって問題があるからあきらめた。
よその犬との接触もほとんどないから手術もせず、
自然のままにしておいた。

あれは1歳半くらいの頃だろうか?
しばらくボーイフレンドがいた時期があった。
ラッキーという、同じ秋田の男の子。
近所に住んでいて、ウチの前がお散歩ルートだったので
よくよってくれていた。

1歳くらい年上だったせいか、
向こうはかなりその気だったけど
ウィにはまだ早かったみたいで
拒否ってはラッキーをへこませていた。


ウィはやっぱり人間が好きで
すぐによってきては匂いを嗅ごうとする。
かまってもらえるとすごく喜ぶ。

結局お兄は怖がって、近くには寄れなかったけど・・・
(情操教育失敗)
まぁ、すぐ横を素通りできるくらいにはなってたけどね。


芸はあまり教えなかった。
「おすわり」と「まて」くらいかな。
それもあんまり厳密ではなかったから、ホントに野生児だな。


ただ基本的にはやっぱりヘタレで
いたずらしてしかられるとシュンとして
とりあえず離れたところでお座りしてみる。
上目遣いで情けない表情をする。


裏庭は気に入ったようで、しょっちゅう走り回っていた。
毎日定期的に巡回するのはもちろん、
ウチを餌場にしている鳥を追いかけたり、
こおろぎやバッタ、蝶など目に付くものを
追い掛け回していた。
生えている草を食べてみたり、赤土を舐めていたり。


暑い時は北側の日陰へ
寒い時は南の日の当たるところへ

犬小屋なんてよっぽどの雨が降らない限り入らなかった。

自分の寝床は石ころを避け、綺麗な地面を作る。
夏に一面草が生えてきても、巡回ルートだけは
獣道ができていた。

自分のルールで、自分のペースで
野外生活を満喫しているようだった。


最初の第一歩

まず問題になったのは名前。
何にするか。

チビたちも親近感が沸くように・・・と。
そこでおチビが発言!

「ウィンディ!」

なんですと?

ポケモン図鑑参照

No.059 こいぬポケモン ガーディの進化系で
伝説のおおいぬポケモンです。属性は炎。

めっちゃ強そうなんですけど ( ((-。-) ))ブルブル...

まぁ、いっか。女の子にもありそうな名前だし。
もっとも実際はウィもしくはウィン
呼ばれることが多いんだけどね。

あとは「お嬢」 箱入り娘(敷地の外へ出してもらえないため箱詰め娘ともいう)
ちなみに本名(血統書に記載されている名前)は「白梅号」
まぁ!なんて素敵!
これそこ!キャラじゃないとか言わない!


その後、心配してたこともなく人懐こくて甘えた。
じいちゃんばあちゃんも最初は「あんた誰?」攻撃を受けていたけど
何回かすると覚えて叫ばれなくなった。

戌年には年賀状にもなった。

年賀

あっという間に大きくなっていった。
それこそまだ小学生だったおチビが乗れるくらい。

もっともヘタレなウィはすぐに「イヤン」とばかり
つぶれてしまうのであるが。

ウチへ来て、春にはもう裏庭で放し飼い状態。
リードは無しで首輪だけなので、好きに走り回れる。
そして時々、リードをつけて表の方へ。

リードをつけられて思うように動けないのに、
表へ出してもらうのをすごく喜んだ。

win008.jpg

リビングの掃き出しを開けると、大喜びで甘えた。

win001.jpg  win003.jpg

win004.jpg


普段は人が出入りするたびに裏から
「お出かけですか?」

win005.jpg

「遊んでぇ~」と。

win006.jpg


ついでに言うと、何度か脱走もした。ヾ(・_・;) オイオイ

まったく知らないところへ行くのではなく、
いつもの散歩コースへ。

もしくはすぐそばにある相方の実家へ行っていたこともある。

基本的にでかくて目立つので、近所の人が
「外へ行っているよ~」と教えてくれる。

白くてデカイから夕方でも車のライトに照らされて
車の方が避けてくれる。
車道を歩いていても轢かれることはなかった。

そんなこんなで、女の子にもかかわらず
お転婆な野生児と化していくのである。

13年の始まり

まだ混乱状態にあるのだけど、
いつまでもこうしてはいられないから、
次の一歩を始めるために・・・

始まりはいつだったのか。。。。

お兄がとても怖がりで、生き物全般アウトだった。
自分の意図しない動きをするものがダメだったのかなぁ?

これではイカン!と、釣りに連れて行ったりして
なんとか魚は触れるようになった。
・・・動かなくなってからだけど。(-"-;A ...

情操教育も兼ねて犬でも飼おうかという話が出ていた。
それまでも猫は2匹ほど飼ったけど、寄り付きもしなかった。
おチビは上機嫌で遊んでたんだけどねぇ。

相方は和犬がいいと言っていて、それにはオイラも賛成だった。
レトリバーだっけ?ああいうのもおとなしそうでいいけど、
大型はなぁ~と思っていたので、オイラの中では
柴犬あたりを想像していたのだ。

ところが!
「ちょうど会社関係の知り合いのところで、子犬が産まれて貰い先を探してるらしいから」って、
あれよあれよという間に話を決めてきて、お正月明けに引き取りに行くことになった。
ペットショップ等で買うと数十万円はする秋田犬の純血種。

って!秋田だぁ~?

名前や姿は知ってるけど・・・と思わずネット検索。
成犬は30kg超えますけど・・・オイラに散歩はムリですけど・・・

でもまぁ、かわいいわけです。
まだ生後2ヶ月ほどにもかかわらず、すでに大きなシロクマのぬいぐるみサイズですけどね。

春先までは外飼いは無理だろうと、玄関の中で上に上がって来れないように
防波堤を作って靴脱ぎスペースで飼う事に。
昼間は裏庭へ放してやったりもした。
トイレと運動は庭で十分なので、散歩と言っても気分転換みたいなものだった。


動物病院で言われたこと。
「秋田は気性が荒くて飼い主に噛み付いて、処分せざるを得なくなることがあったから、
最後までちゃんと飼ってあげてね」

さすがに若干の不安がよぎったことは否めない。


(長文になるので、数回に分割します)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。