スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経過報告 その1

皆様にご心配頂いているじいさまですが、相変わらずです。
ここからの話は病院が複数、受診科も複数出て来るので、混乱しないでね。

*普段行く病院=循環器科・泌尿器科=A
 今入院している病院=整形外科=B
 MRIの病院=放射線科=C

9月4日に循環器科(心臓の方ね)と泌尿器科(頻尿だったので)を午前中にいつもの病院(A)で受診しまして。
午後からは別の病院(C)でMRIを受ける予定だったのです。
そう予定だったの。

MRIは仰向けになって30分ほどジッとしていなければなりません。
ところが自分で台の上まで上がって寝転がったにもかかわらず、すぐにいつもの『痛い 痛い』が始まりまして。。。。
どうやら仰向けになれない模様。なれても長時間は無理。
検査不可能と相成りました。

今入院している病院(B)の主治医の先生は『本当なら造影剤を入れて調べたいけど、心臓の血液をサラサラにする薬を飲んでいるから、針を刺せない』と前に言っていたのです。
んでね、午前中に循環器科で主治医の先生に相談してみる。
「整形外科の先生がこんな事を言っている」と。
するとね、案外アッサリと『今心臓の方は落ち着いてるから、検査に必要なら薬を止めてもらっていいよ』とお許しが出ていたの。

別の方法で検査できるかもしれないって事で、検査不可能になったMRIを諦めて、整形外科の病院(B)へ戻ります。
MRI不可能の報告と薬停止許可の話をします。

結果、薬を止めて1週間後に造影剤を入れる検査をするということになったのです。

スポンサーサイト

コメント


看病、お疲れ様です。v-100

しかし・・・入院している病院で、全部診てもらう事は出来ないの???
総合病院じゃないのかなv-236

入院先から検査に通うなんて、何か変だよね~(^^;

どもです。m(__)m

その2でもちょこっと触れますが、B病院は個人病院なのです。
重症・重体は大きな総合病院で、軽度のものは地域でって事でしょうね。

ただ、さすがは大阪市内というべきか、最近話題になっている「地域医療」という考えが根付いているらしく、病院同士の連携はちゃんと出来ているみたいです。

C病院からB病院へ帰ってくる間に「検査不可能」の連絡がしっかり入っていたから。

その2は今晩にでもUPします。★⌒(@^-゜@)v ヨロシクデス

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://china.blog2.fc2.com/tb.php/164-1b4f7235

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。