スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観劇感想文

先週5日に行ってきた『最遊記』
すぐに感想をUPしようと思ったんだけどねぇ。
ネタバレ要素が含まれるので、せめて大阪公演が終わるまではと控えておりました。

総評! 面白かった!

それだけかよっ

ヤ、マジでね。面白かったんだよ。
あの4人組の絶妙な掛け合い漫才が活きていて、他のキャラを含めてのお笑いネタも要所要所に散りばめられていて、下手にツボに入ると笑いを堪えるのが大変になる。

オリジナルキャラ(これは( ̄b ̄) シーッ!!)もうまく分担して狂言回し的な役割をこなしていた。

なにしろコミックス9冊分の話である。
それを2時間ほどにまとめようってんだから、並大抵の事じゃ出来ない。
実際、観るまでは『どうすんだよ』と思っていたわけだ。
ところが、欲しいエピソードもうまく入っていて、欲しいセリフもしっかり入っていて、原作ファンのオイラも(o^^o)ふふっ♪状態だったのだ。
一緒に行ったばぁちゃんは「西遊記」は知ってても『最遊記』の「さ」の字も知らない人間ではあるが、『面白かった、充分楽しめた』とのたまったのであるから。

ちなみに終演後買ったTシャツはずれた。_| ̄|○
でも、チビが気に入って着てるから良しとしよう。


で、こっからはネタバレ要素とマイナスポイントなので、覚悟して進んでおくれ。
あくまでも▼o・ェ・o▼の独断と偏見による感想文なので不平不満・反論は聞く耳持ちません。
もちろん、読んでおいて「いや~ん、バラすなよ~」って文句も聞きません。
さて、往きます。

準備はいいか 野郎ども!

>なんで観音?
まずはネタバレ要素。
オリジナルキャラは4人。
そのうち3人は1人3役の料理人。これは1巻の宿屋の店主と「神様編」の飲み屋の店主をベースに3兄弟にしてつなげたものと思われる。真面目な部分と笑いの部分を取り混ぜて3人のキャラを使い分けていい味を出していた。
あと1人は1巻に出てくる「蜘蛛女」の男版と敵役キャラをまとめたようなキャラだった。
セリフによると(聞き間違いだったらm(..)m)この「蜘蛛男」は禁忌の子なので、イメージとしてはアニメ版の「RELOAD GUNLOCK」の紅玉とも重なった。
「蜘蛛男」は大活躍だった。ご都合主義よろしく、いいところで出てくるんだよ。
その上、出てくるといい具合に笑いを取っていく。完全に三枚目キャラでしたな。。


次はマイナス要素。
▼o・ェ・o▼が観たのは初日の午後だったからかもしれない。ダンスや殺陣の迫力は確かにあった。狭い舞台の上をうまく使ってよくぶつからないなと感心したくらいなんだが、惜しまれるのは時々もたつくんだよな。特に複数での戦闘シーン。たとえば悟空と悟浄は長い武器(如意棒&錫杖)を持ってるから振り下ろした時のタイミングが妙にズレたりする。要するに止めてくれるのを待ってたりするんだよな。
せっかく、迫力ある戦闘シーンになってるのに、ちょっとしたことで止まったりズレたりすると?(__!)?(!__)?


また、見た目で言うと悟浄&蜘蛛男&紅孩児にはカツラでいいんで紅髪にしてほしかったな。せっかく三蔵がパッキンにしてるんだもん。悟浄&蜘蛛男の場合「禁忌の子」の象徴になるわけだし、紅孩児の場合は独角兒が弟に重ね合わせてみる要素であるわけだから紅髪の方が良かったなと。


それと悟浄の回想シーンで独角兒の「泣くなよ」から「泣かなくていいぞ」(厳密には違うかも)に移るまでが、原作を知っていればどういうシーンか判るからその間に何が起こったのか理解出来るんだけど、原作を知らないと何故そう変わるのか理解しにくかったかもしれない。効果音と独角兒が後ろを向く仕草だったから。いっそ後ろを向く時、剣を振り下ろす仕草でも付け加えれば良かったかも。


あとこれも賛否両論あるだろうけど、光明三蔵のキャラ。とっても個性的でぶっ飛んだ光明さんは面白かった。
のだが…明るすぎたかなぁ。原作を知らなければそれはそれで楽しめたと思うんだけど、どうしても原作イメージがあるからなぁ。
原作イメージでは「烏哭三蔵は闇」「光明三蔵は月」「玄奘三蔵は太陽」なのだけど、光明三蔵が太陽のようになっちゃってた。
最初観た時ちょっと引いちゃったのは(^x^)


最初の方に書いたけど、原作コミックス9冊分を2時間にまとめたわけだから、かなり強引に話を持っていった部分もあったと思う。
ストーリー的に言うと悟空のエピソードから三蔵のエピソード、悟浄のエピソードとうまく絡めて繋げていっていた。
惜しむらくは八戒のエピソードが入らなかったこと。
まぁね。八戒のエピソードを入れるとなると清一色か花楠を出すことになって、2時間半どころか下手すっと3時間になりかねないからねぇ。
難しいっちゃ難しいわな。(°ー°)(。_。)ウンウン


で、最後の一つ。
神様編、4人で麻雀するシーン。どうもインパクトが弱かった。端っこの方(下手奥)でこそこそやってる感が拭えない。これは上手手前でオリジナルキャラがいい味出していたからだろう。目がそっちへ行ってしまうのだ。原作知っていればどういうシーンか判るのでメインのシーン(麻雀シーン)を注目するのだろうけれども、知らないとどうしても動きのある方に目が奪われる。
せっかく(数少ない)悟空が真面目に他の3人に説教(じみたこと)をする格好良さ気なシーンであるのに半減してしまったように思う。


色々書きなぐってしまったが、最初にも書いたとおり根本的には『すっげぇ~面白かった』ので、また、機会があれば見に行きたいと思う。DVDも出るかもしれないというので、購入を検討してみようと思う。

( ̄-  ̄ ) ンー 平日の夜は出にくいんだよなぁ。昼なら行けるんだが…って、キャストが揃わんよな。学校あるし。


ってことで、本日はここまで。長文m(..)m。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://china.blog2.fc2.com/tb.php/17-42a44437

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。