スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝

暗い話にお付合い頂いた方々、ありがとうございました。

最近の「大阪市・2幼児死体遺棄事件」なるものを見て、余計に心がざわついたようです。



暗黒面の吐き出しはコレで一旦終わります。
溜まってたものを吐き出せたので、しばらくは大丈夫でしょう。

できるだけ頭の中を整理できるように、冷静にまとめながら書き綴っていったつもりだけど、この2~3日で「一気に書き殴った感」満載なので、長文・乱文はご容赦ください。


元のお気楽脳天気な▼o・ェ・o▼に戻ります。



また、復活するかもしれないけど・・・





あれからもう30年以上経つというのに、まだフラッシュバックとでもいうのだろうか?色んな感情がわき上がってくることがある。涙が止まらなくなって。

義母が根っから悪い人間じゃないというのは理性がよく理解している。義母自身小学校6年の時に実母を亡くし、明治生まれの職人である頑固な父親に育てられたわけで、それこそ「口ごたえするな!」の時代だったわけで。それゆえおそらくまともな交際とかもなく(私の父親も見合い結婚だったしな)35歳まで独身で家に残ってた。

もともと知り合いだったので「それじゃぁ」と再婚相手になり、いきなり小学校2年生の女児の母親をしなければいけなくなった。大変だっただろうとは思う。理性はちゃんと理解してるんだ。



父親のことも少し。

基本的に争いを好まない、優しい?気の弱い人なんだろうと思う。実際、実母が生きていた頃は「お父さんっ子」でお風呂も寝るのも一緒だった。所謂「ファザコン」で間違いないだろう。

でも、例の「出て行け!」以降、「私のパパ」は「義母の旦那さん」になってしまった。

気にはなる。娘として。





ただ  ただ  どうしても感情が納得しないんだ。



「生まれて来なきゃよかった」

「生まれてきたのが間違いだった」

「生きてるのが間違いなんだ」

「そんなに気に入らないなら、いっそ殺してくれてよかったのに」

「あの時(中学時代)死んでおけばよかった」





ずっと頭の中で繰り返される想い。





誤解しないで欲しい。

決して死にたい訳じゃないんだ。

ただ、生きているのが苦しくて 辛くて



ただ 楽になりたいだけなんだ。


スポンサーサイト

コメント


ほんとにどうでもいいんだけど、最新コメント一覧の欄が、HNの後のコロンが見えにくいので「みいのら虐待」「たまやん虐待」と読めてしまう……

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://china.blog2.fc2.com/tb.php/218-9a95b652

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。