スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活

お久しぶりです。
今回復活したのはPCではありません。
PCは相変わらず電源入らず。
もうそろそろ7~8年経つ上に何の補強もしていないから、「電池切れかな」って気がしないではないのですが、メーカーへ送るにしても「箱がないなぁ~」とか色々考えまして、ただいま放置プレイ中。

今日はおチビのモバイルからの直書きなので見難いとは思いますが、PC復活したら修正します。

んで、今日のお話。
元々我が家は相方のじいちゃんばあちゃんの隠居所だったのです。
その前は長屋だったのを買い取ったらしく、L型の土地の一方にガレージと木造の平屋を建て、もう一方を土を入れ替えてまで庭にしたのです。

オイラガ嫁いだ頃、表側には四季咲きの薔薇やオリーブの木があった。オリーブは20年ほど前に台風で根こそぎ倒れてしまった。薔薇の木は枯れてきたのを相方が切ってしまった。他にも道路沿いに植込みなんかもあったけど、これは家を建て替える時に邪魔だから切った。家の前が交差点だから人も車も視界が悪くなるんだよね。

そして裏側。
蜜柑の木が3本(たしか、温州・八朔・夏蜜柑のはずだったと思う)・柿1本・茱萸木1本。他には百日紅1本・蘇鉄など諸々。気付かぬうちに鳥さんの仕業で判らない木が増えていたり、他所からもらった金木犀が増えたり、買った姫リンゴの木が枯れたり、いつの間にか離れたところに百日紅が生えてきたり・・・
他は四季咲きの西洋蒲公英や水仙・鳴子(?)百合、あとは名前のわからない草花いろいろ・・・

そんでね、問題は3本の蜜柑の木。
オイラが来た時にはすでに1本は枯れかかっていて実がついても1~2個レベルだった。たぶんこれが温州だったのかなぁ。もう一本は残っている木と似たような実が生っていたから八朔かと。
八朔と夏蜜柑は10年以上前に虫がついてね。おっきい青虫!葉が枯れてしまったので、一度丸坊主に刈ってしまったのです。
その後、八朔は新芽が生えてくるもののそこまでで花が咲くこともなく・・・
夏蜜柑のみが復活し何年か実をつけて、お正月の鏡餅の上に乗っかっていたりしたのですが再び青虫の餌食に・・・
再度丸坊主の上、復活したのが2年ほど前。

ところが今年。夏に花を見に行った時には気づかなかった。
えっ?手前の木に実が生ってる?


写真をクリックで大きくなります。



八朔だろうか?今更温州じゃないよなぁ?
10個ほど生っております。奇跡の復活?
すごいねぇ~生命力って。
葉が増えていってるのは気が付いてたけど、まさか実が生るまで甦るとは・・・


さてさて冬にはいくつ食べられるだろう。
その前に・・・こいつが。。。



写真をクリックで大きくなります。


小さいのが結構たくさん。早めに間引くべきだったろうか。
まさに鈴生り。重さに枝がしなっております。
デカイ台風か来なければいいなぁ~
オリーブもこんな状態の時にやられたんだよ。
たくさん実の生るオリーブだったけど、当時のオイラにはどうにも出来なくて。
今なら、Web検索して食べる方法を探るんだろうけどね。
まだ、Windouws3.1の頃で常時接続なんか夢の夢で、一家に一台のPCもない頃だからねぇ。

今から間引いても遅いよなぁ~
11月には食べられるようになるかな?
鳥さんたちの動向に注意しよう。

我が家ではまず鳥さんたちが味見します。
鳥さんたちが食べ始めれば熟れたということなので、それから人間が・・・
もちろん、鳥さんたちの食い扶持は数個残しますけどね。

また、お裾分けに回らなきゃねぇ~
どこやらで犬好きの呼ぶ声が聞こえないこともないけど、まぁ熟れたらねぇ~

スポンサーサイト

コメント


こんにちは。
まさに実りの秋ですね。
もうしばらくの間、台風にはご遠慮願いましょう。

さて、強い木は本当に強いね。
うちのガジュマルも先日剪定して、
切った枝を何気に水につけていたら、そいこから気根と新芽が!
育つかな・・?

>PCの箱
黒猫とかに行くと、簡単にアン善意入れれる入れ物売ってますよ。
驚くほどワンタッチできれいに梱包できます。

#ひすさん

ウチは全然肥料とかも与えていないし、農薬の類も使ってないから、ほんとに自然のままなんだよねぇ。

まぁ、だから虫がつくんだけど…

そっか、黒猫ね。。。。
もうちょっと様子を見てから何とかしよう。
(ホントはおニューが欲しいんだが・・・)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://china.blog2.fc2.com/tb.php/223-5094a617

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。