スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13年の始まり

まだ混乱状態にあるのだけど、
いつまでもこうしてはいられないから、
次の一歩を始めるために・・・

始まりはいつだったのか。。。。

お兄がとても怖がりで、生き物全般アウトだった。
自分の意図しない動きをするものがダメだったのかなぁ?

これではイカン!と、釣りに連れて行ったりして
なんとか魚は触れるようになった。
・・・動かなくなってからだけど。(-"-;A ...

情操教育も兼ねて犬でも飼おうかという話が出ていた。
それまでも猫は2匹ほど飼ったけど、寄り付きもしなかった。
おチビは上機嫌で遊んでたんだけどねぇ。

相方は和犬がいいと言っていて、それにはオイラも賛成だった。
レトリバーだっけ?ああいうのもおとなしそうでいいけど、
大型はなぁ~と思っていたので、オイラの中では
柴犬あたりを想像していたのだ。

ところが!
「ちょうど会社関係の知り合いのところで、子犬が産まれて貰い先を探してるらしいから」って、
あれよあれよという間に話を決めてきて、お正月明けに引き取りに行くことになった。
ペットショップ等で買うと数十万円はする秋田犬の純血種。

って!秋田だぁ~?

名前や姿は知ってるけど・・・と思わずネット検索。
成犬は30kg超えますけど・・・オイラに散歩はムリですけど・・・

でもまぁ、かわいいわけです。
まだ生後2ヶ月ほどにもかかわらず、すでに大きなシロクマのぬいぐるみサイズですけどね。

春先までは外飼いは無理だろうと、玄関の中で上に上がって来れないように
防波堤を作って靴脱ぎスペースで飼う事に。
昼間は裏庭へ放してやったりもした。
トイレと運動は庭で十分なので、散歩と言っても気分転換みたいなものだった。


動物病院で言われたこと。
「秋田は気性が荒くて飼い主に噛み付いて、処分せざるを得なくなることがあったから、
最後までちゃんと飼ってあげてね」

さすがに若干の不安がよぎったことは否めない。


(長文になるので、数回に分割します)
スポンサーサイト

コメント


おお♪

ほうほう、お嬢さんの幼いころのお話ですね♪
これは楽しみ…

じっくり読ませてもらいますから、
ボチボチ気長に連載お願いしますよ!
ヽ(^∀^)ノ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://china.blog2.fc2.com/tb.php/238-1b098b58

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。