スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お転婆盛り

1年ほどすると、オイラには散歩の付き添いは無理だとわかる。
なにしろ力がすごい。

一応、言うことは聞くんだよ▼o・ェ・o▼
ただね、やっぱ犬じゃない。
基本はおとなしいんだけど何があるかわかんないじゃない。
そういう時にオイラでは制御出来ないだろうなと思った。

まぁ、裏庭のおかげで運動は足りていたみたいだったので、
相方が時々自転車で連れ歩くようになっていった。

「登り坂はウィが引っ張ってくれて
漕がなくていいから楽だ」
と言ったのは
聞かなかったことにしよう。

どんだけの力なんだ。

避妊手術をするかどうかで悩んだ。
1回くらい生ませてやりたい気がしたんだけど・・・
産まれた子どもをどうするかって問題があるからあきらめた。
よその犬との接触もほとんどないから手術もせず、
自然のままにしておいた。

あれは1歳半くらいの頃だろうか?
しばらくボーイフレンドがいた時期があった。
ラッキーという、同じ秋田の男の子。
近所に住んでいて、ウチの前がお散歩ルートだったので
よくよってくれていた。

1歳くらい年上だったせいか、
向こうはかなりその気だったけど
ウィにはまだ早かったみたいで
拒否ってはラッキーをへこませていた。


ウィはやっぱり人間が好きで
すぐによってきては匂いを嗅ごうとする。
かまってもらえるとすごく喜ぶ。

結局お兄は怖がって、近くには寄れなかったけど・・・
(情操教育失敗)
まぁ、すぐ横を素通りできるくらいにはなってたけどね。


芸はあまり教えなかった。
「おすわり」と「まて」くらいかな。
それもあんまり厳密ではなかったから、ホントに野生児だな。


ただ基本的にはやっぱりヘタレで
いたずらしてしかられるとシュンとして
とりあえず離れたところでお座りしてみる。
上目遣いで情けない表情をする。


裏庭は気に入ったようで、しょっちゅう走り回っていた。
毎日定期的に巡回するのはもちろん、
ウチを餌場にしている鳥を追いかけたり、
こおろぎやバッタ、蝶など目に付くものを
追い掛け回していた。
生えている草を食べてみたり、赤土を舐めていたり。


暑い時は北側の日陰へ
寒い時は南の日の当たるところへ

犬小屋なんてよっぽどの雨が降らない限り入らなかった。

自分の寝床は石ころを避け、綺麗な地面を作る。
夏に一面草が生えてきても、巡回ルートだけは
獣道ができていた。

自分のルールで、自分のペースで
野外生活を満喫しているようだった。


スポンサーサイト

コメント


お嬢さんもそちらになじんできて、毎日楽しく暮らしている様子がよく分かる。
この頃は、なにを見ても何をしても楽しい時期やもんね。
で、そういうわんこの様子を見ていることらも、
同じようにまた楽しい時期でもあるもんね。

▼o・ェ・o▼専用

あれだけ広い「専用ドッグラン」を持っているワンちゃんは、滅多にいないと思う・・・(^o^; 季節を感じて、自由にスクスク大きくなっていったんだね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://china.blog2.fc2.com/tb.php/240-619cf677

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。