スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

windy国の防衛長官

windy国・・・それは関西という星雲の中に位置する大阪という星の中に存在する小さな小さな共和国である。

今回の情報は防衛庁長官
一応、外交官も兼任している彼女は、専守防衛を貫こうと努力している。
毎日、朝・昼・夕・晩と1日4回の見回りは欠かさない。
不審者には必ず尋問をし、威嚇する。
基本的には攻撃されないと反撃はせず、威嚇のみである。
ただし誘惑には弱く、褒め殺し・賄賂(特にビーフジャーキー)に弱い。
懐柔され易いので、極秘に潜入する場合には賄賂持参は常識である。

味方との認識を確定するまではひたすら威嚇を続けるが、
一旦、味方であると認識すれば、接待係として愛想を振りまく。

性格的には優しく人なつこい為、ハグをしてくれる人は大好きである。
もっとも、防衛庁長官に対してハグしようなんて怖いもの知らずの人間は少なく、
少々(?)欲求不満気味である。

時々威嚇しているのか、ヤケになってハグを要求しているのか判らないときがあるが、
まっすぐ起立しているときは「威嚇」、首が横に寝ているときは「ハグ要求」である。

理解言語が少なく、意思疎通は表情・仕草に委ねられる。
慣れれば非常にわかりやすい奴である。
問題は…慣れるまでに相当な時間、もしくは勇気が必要かもしれないことである。

          To be continued

------------------------------------------------------------
----------このStoryは Never ending story である。---------
-------windyの気まぐれで作られたパラレルワールドである。----
--どこかに似たような人間がいたとしても似ているだけである。--
---------windyの気が向けば、続きが読めるだろう・・・--------
------------------------------------------------------------


2003/04/26(土)
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://china.blog2.fc2.com/tb.php/96-a784b749

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。